ja日本語enEnglish

政府公認移民コンサルタント

Aya

川喜多  綾(かわきた あや)

Aya K. Immigration Services Inc. 代表

 

政府公認移民コンサルタント
Immigration Consultants of the Canada Regulatory Council
(“ICCRC”)メンバー
Canadian Association of Professional Immigration Consultants
(“CAPIC”) メンバー

東京生まれ、東京育ち。1999年に渡加。 トロントの留学センターにて留学カウンセラーとして2年間就職していた間に沢山留学生がカナダでの夢を諦めて日本へ帰国する姿を見て、日本人が安心してビザの問題やカナダの移民申請などを日本語で相談できる場を提供できればと思い、退職して法律を勉強することを決意。 退職後Seneca CollegeのCourt and Tribunal Agent Program(現Paralegal Program)を受講し、移民法、犯罪法、家族法、労働法、裁判外紛争解決手続等、幅広くカナダの法律を2年間学ぶ。 卒業後は二つの有名移民法律事務所に就職し、経験と知識を養うという素晴らしい機会に恵まれる。法律事務所に勤務している間に毎日の業務を通して実践的な事を学ぶうちに、やはりカナダ在住の日本人が抱えるビザ・移民問題を個人的にお手伝いしたいという気持ちが強くなり、移民法を更に深く掘り下げて学ぶ為に再度Seneca CollegeにてImmigration Practitioner Programを1年間受講し、卒業(with Honours)。

国家試験に合格後、カナダ政府公認移民コンサルタント(Regulated Canadian Immigration Consultant) として認定される。 2009年9月10日にAya K. Immigration Servicesを設立し、2010年12月3日にAya K. Immigration Services Inc. として法人化。現在は個人のお客様はもとより、大手日系企業・カナダ中小企業などの顧客より相談を受け、代理人としてカナダ移民局とのやり取りを行う。

微力ながらもカナダ、トロントの日系社会に少しでも貢献することができればと日々思っております。

Immigration Law is all about someone’s life.” – Linda Pasternak, Seneca College Professor


Rieko

清水 梨慧子(しみず りえこ)

Legal Assistant

 

カナダのトロント生まれ・トロント育ち。
バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)文学部卒業(東アジア研究専攻)。在学中は早稲田大学に半年間留学し、伝統文化・日本文学から時事問題まで幅広く勉強した。卒業後、通訳者・翻訳者としてフリーで活動しつつ、さらに言語能力を活かし人の役に立つ仕事がしたいという思いから、2012年12月にAya K. Immigration Servicesに入社。

 

Kaori

野口 かおり(のぐち かおり)

Legal Assistant

 
名古屋生まれ、名古屋育ち。
大阪外語専門学校卒業、2007年に渡加。日本での法律関係の仕事の経験から、カナダでも法律を学びたいと思いGeorge Brown College – Paralegal Courseを卒業。移民法律事務所でのインターンシップを経て、2016年にオンタリオ州Paralegal Licenseを取得。実践的な移民法をもっと学びたいという思いから、2017年11月にAya K. Immigration Servicesに入社。